2009年05月18日

講演会のご案内

本会と「第9条の会なごや」の共催で以下の講演会を開催いたします。ぜひともご参加ください。

半田滋さん講演会

「自衛隊海外派遣が呼び込む憲法9条液状化」

日時:6月14日(日) 14:00〜16:30
場所:愛知大学車道校舎 K803教室
   地下筒桜通線「車道」下車、1番出口徒歩2分
参加費:500円(学生は無料)
共催:愛大九条の会・第9条の会なごや

 麻生政権は、アメリカの要請に応えて日本からはるかに離れたアフリカ・ソマリア沖に自衛隊艦船2隻を法律も作らず大急ぎで派遣しました。「海賊対処」を口実にした海外派遣はさらにエスカレートしてソマリアに隣接するジブチに哨戒機P3Cの基地を造るという。陸上自衛隊がその防衛の任にあたり、物資の輸送を航空自衛隊が担当するという。陸海空3軍が一体になって海外で展開することになります。しかもいま国会で審議されている「海賊対処法案」では武力行使が公然と謳われています。
 マスメディアの多くが御用化している中、鋭い論陣を張っている半田滋さんに自衛隊海外派遣の実態と、その持つ意味を語っていただきます。

------------
なお、半田さんのプロフィール等、詳しくは「資料」のページにアップしたチラシ(pdfファイル)をごらんください。
posted by 「愛大九条の会」事務局 at 09:17| お知らせ

2009年04月03日

平和映画祭情報

 「ピースシネマ2Days」(社会人の「あいち平和映画祭2009」と学生の「World Peace Cinema」のジョイント映画祭)が5月16日(土)と17日(日)の両日、またそのプレ企画が4月11日(土)に開催されます。詳細は以下の通りですが、プレ企画の会場は本企画の会場と異なりますのでご注意ください。
 なお、チケットは、生協で扱っています(ただし、プレ企画のチケットは名古屋<三好>校舎と車道校舎の店舗のみ)。

-----以下、詳細----

(1)プレ企画
 映画:「フツーの仕事がしたい」(土屋トカチ監督)
 日時:4月11日(土)
  第1回上映:11:00〜12:10
  第2回上映:13:30〜14:40
 会場:本山生活文化会館4Fホール(1Fはコープ本山店)
  地下鉄「本山」駅4番出口徒歩1分
 料金:1000円
 学内でのチケット取扱:生協(名古屋校舎と車道校舎の店舗)

(2)本企画(ピースシネマ2Days)
 会場:ウィルあいちホール
  地下鉄「市役所」駅2番出口、東へ徒歩約10分
 
・5月16日(土)(World Peace Cinema)
 「ホテル・ルワンダ」 10:30より
 「水になった村」 13;30より
 ゲスト 大西暢夫監督(「水になった村」監督) 15:30より
 「おいしいコーヒーの真実」 17:30より

・5月17日(日)(あいち平和映画祭2009)
 「ラストゲーム 最後の早慶戦」 10:30より
 「パッチギ!」 13:00より
 ゲスト 高橋史枝さん(放送作家・フリーライター) 15:30より
 「花はどこへいった」 17:00より

 一般料金:
  二日通し券 3000円(前売りのみ)
  一日通し券 2000円(当日2200円)
  一作品券 1000円(当日1200円)
 特別料金(65歳以上、学生、障がい者)
  一日通し券 1800円(当日2000円)
  一作品券 900円(当日1100円)
 高校生以下
  一作品券 600円(当日800円)

 学内での前売りチケット取扱:生協(豊橋・名古屋<三好>・車道)の各店舗

-----以上です-------

posted by 「愛大九条の会」事務局 at 08:24| お知らせ

2009年02月09日

催し案内

 「三好9条の会」主催で以下の催しが2月22日(日)に開催されます。プログラムの第2部のシンポジウムには、若者の代表として本学の学生と卒業生もパネラーとして参加します。ひとりでも多くの方に参加していただければ幸いです。

三好9条の会発足3周年記念

 講演とシンポジウムのつどい


オープニング オカリナ演奏

第一部 講演「信教の自由について」
 講師 木全和博さん(愛知宗教者九条の会)

第二部 シンポジウム「平和によせる思いを語る」
 戦争体験者、キリスト教宣教師、三好町会議員、愛知大学学生、同卒業生など多彩なパネラー。

日時 2009年2月22日(日)
   午後1:30開場  午後2:00開園

場所 三好文化センター サンアート レセプションホール
  三好町大字三好字大慈山1-1 TEL (0561)32-2000
  さんさんバス サンアート東停留所/サンアート西停留所

参加費:無料
---------以上---------
posted by 「愛大九条の会」事務局 at 08:42| お知らせ

2008年12月23日

講演会情報

「第9条なごや」主催の講演会が、2009年1月25日(日)に開催されます。詳しくは「資料」のページにアップしたチラシをご覧ください。

「すすむ自衛隊の軍隊化と名古屋高裁違憲判決」


 講師:川口 創さん
  (自衛隊イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)

 日時:2009年1月25日(日)
    13:00開会(12:30会場)

 場所:名古屋YWCA 2階ビッグスペース)
  (地下鉄「栄」駅5番出口錦通を東へ200m)

 参加費:500円

 主催:第9条の会なごや

 時間の都合がつく方はぜひご参加ください。
posted by 「愛大九条の会」事務局 at 10:58| お知らせ

2008年10月13日

11月15日に講演会開催

来たる11月15日(土・愛大創立記念日)に以下の講演会を開催いたします。ぜひご参加ください。詳しくは、「資料」のページにアップしたチラシをご覧ください。

『メディアの憲法報道を問う』


講 師 中京大学教授 飯室 勝彦さん

日 時 11月15日(土)15:00〜17:00

 場 所 愛知大学車道校舎 K903教室(新館)
 (地下鉄桜通線「車道」下車、
     1番出口から北(右方向)へ2分)

資料代 500円(ただし学生は無料)

主 催 東海放送人九条の会・愛知大学九条の会(共催)

講師プロフィール
東京新聞・中日新聞の社会部、特別報道部などで司法、人権、報道問題を中心にジャーナリスト活動を続け、1992年より論説委員。
2003年より中京大学文学部言語表現学科教授。
著書に「敗れる前に目覚めよ〜平和憲法が危ない」(花伝社)「メディアと権力について語ろう」(リヨン社)「新版報道される側の人権」(共著・明石書房)「客観報道の裏側」(現代書館)「戦後政治裁判史録」(第一法規出版)などがある。

posted by 「愛大九条の会」事務局 at 18:54| お知らせ

2008年09月01日

9月27日(土)に講演会を開催します

 来たる9月27日(土)に本会と「第九条の会なごや」との共催により、講演会を以下の要領で開催いたします。詳しくは、「資料」のページにアップしたチラシをご覧ください。なお、学内の皆さまには近くチラシを印刷して配付いたします。予定に組んでおいていただければ幸いです。

-----------------
講師:水島朝穂さん
 早稲田大学教授。『改憲は必要か』等、著書多数。

講演タイトル:平和と生活を「憲法診断」する:一人ひとりの問題として」

日時:2008年9月27日(土) 14:00〜16:30(開場13:30)

場所:愛知大学 車道校舎 K201教室
 (地下鉄桜通選「車道」駅1番出口すぐ)

参加費:500円(学生は無料)

共催 第9条の会なごや・愛大九条の会
-------------------
以上です。

posted by 「愛大九条の会」事務局 at 21:01| お知らせ

2008年06月22日

設立2周年記念シンポジウム

 本会は6月10日に設立2周年を迎えました。そこで、記念行事の開催を検討してまいりましたが、以下のシンポジウムを7月5日(土)に開催することになりました。ぜひ、予定に組み入れてくださるよう、お願い申し上げます。

---自衛隊イラク派兵差し止め名古屋訴訟高裁違憲判決の意義を語る---

パネリスト(あいうえお順)
 池住義憲 自衛隊イラク派兵差止訴訟の会 代表

 河辺一郎 愛知大学現代中国学部教授(国連外交)

 小林 武 愛知大学法科大学院教授(憲法学)

 西本 伸 反核・平和運動家

コーディネーター・司会

 鈴木規夫 愛知大学国際コミュニケーション学部教授(政治哲学)

プロデューサー

 田川光照 愛知大学経営学部教授(仏文学)



日時:7月5日(土) 16時より(19時終了予定) 開場:15時30分

場所:愛知大学車道校舎 8階 K801教室

   (地下鉄桜通線「車道」駅下車、1番出口より徒歩2分)

協力費:500円(学生は無料)

参加予約不要

問合せ先:jimukyoku@aidai9jo.sakura.ne.jp(愛大九条の会事務局)

愛知大学九条の会は、今年6月設立二周年を迎えました。これを記念して、世界の平和を語り実現していく上でも画期的といえる、自衛隊のイラク派兵差止等請求控訴事件4・17 名古屋高裁違憲判決(5月2日確定)の意義とその規範性を語り合うシンポジウムを、名古屋・車道にて開催致します。

自衛隊のイラク派兵差止名古屋訴訟の原告代表である池住義憲さん、同訴訟の原告側証人の一人である憲法学の小林武さん、平和運動家で世界に九条の理念を広めようと活動されている西本伸さん、国連外交の専門家である河辺一郎さんのみなさんをパネリストに、4 月17 日の名古屋高裁判決の歴史的意味、国内のみならず海外において持つその意義、そして九条がもつ現代世界における確固たる規範性の問題などを縦横に語ってもらい、世界規模で九条が果たすべき役割を再確認し、九条を単に守るだけでなく積極的に生かしていくための道標としていきたいと考えております。

是非とも多くのみなさんの積極的な参加をお待ちしております。

------------------

以上です。
posted by 「愛大九条の会」事務局 at 19:43| お知らせ

2008年05月04日

講演会情報

 「第9条の会なごや」主催の講演会が、以下の要領で開催されます。予定に組んでおいてくだされば幸いです。

------------------
「憲法9条と平和実現の力---アジア・中国に関連して---」

講師:加々美光行氏
日時 5月25日(日)
   13:30〜16:00(開場13:10)
会場 伏見ライフプラザ
 12階 第1研修室
(地下鉄「伏見」駅下車6番出口
     南へ徒歩5分 1階が中消防署のビル)
主 催 第9条の会なごや
参加費 500円(学生無料)
連絡先 第9条の会なごや
   名古屋市守山区弁天が丘 大森台2-105(川合方)
TEL/FAX 052-798-2789 携帯 090-9171-6038(加藤)


 名古屋高等裁判所は自衛隊のイラクでの活動を、憲法第9条に違反するとの判断を示しました。これは第9条が平和の砦として現に存在することを高らかに宣言したものです。
 アジア・中国の民衆に多大な犠牲を強制した日本軍国主義。その反省の上に打ち立てられた日本国憲法。けれども、第9条をもつ国でありながらいまアメリカとともに戦争をする体制作りを着々と進め、アジア・中国の民衆に脅威を与え続けている日本。
 チベット民衆の反政府行動に血の弾圧で応えた中国政府への抗議行動が、オリンピック聖火リレーを標的にして世界各地で繰りひろげられています。またこれに抗議する中国系の民衆。
 複雑に絡み合った現代世界。真の平和を実現する力は何か。各国の民衆は手を取り合うことができるのか。そして憲法9条はその規範となりうるのか。
 現代中国研究の第1人者・加々美光行さんに語っていただきます。

---以上、チラシより------------

追記:チラシはpdfファイルで「資料」のページにアップしてあります。
posted by 「愛大九条の会」事務局 at 12:15| お知らせ

2008年04月20日

憲法フェスティバル2008 in あいち

 愛知憲法会議主催「憲法フェスティバル2008 in あいち」についてのご案内です。詳しくは同フェスティバルのHP(http://kenpou-fes08.sakura.ne.jp/xoops/)をご覧ください。

 また、愛知憲法会議はフェスティバルへの賛同金を1口1,000円で募っています。これについては上記HPの「お知らせ」のページをご覧ください。なお、賛同金の振込用紙が本会事務局にありますので、ご連絡下さればそれをお渡しいたします。

------憲法フェスティバル2008 in あいち------
開催日: 2008年5月3日(午後と夜の2回公演・完全入れ替え制)
会 場: 愛知県芸術劇場コンサートホール
主 催: 愛知憲法会議
後 援: 名古屋市
内 容: 「交響曲<五月の歌>」(外山雄三・林光作曲)
委嘱初演作品「空虚」・「茜雲」(外山雄三作曲)
記念講演
 昼の部=香山リカ(精神科医・立教大学教授)
 夜の部=森 英樹(憲法学者・名古屋大学名誉教授)
指 揮: 外山雄三
演 奏: 名古屋フィルハーモニー交響楽団と350人の市民合唱団
チケットは:
1.ミューズクリエイト(FAX052-910-6701)までFAXでお申し込みしていただき、お買い求めください。

昼の部か夜の部か、一般席2800円、障がい者・学生券2300円、指定席3800円か、それぞれ必要枚数を明記し、お名前、ご住所、電話番号などの連絡先をご記入の上、FAXして下さい。

2.チケットぴあ(Pコード:286-620)及びローソンチケット(Lコード:46665)でお買い求め下さい。
------------------

以上です。
posted by 「愛大九条の会」事務局 at 20:06| お知らせ

2008年04月13日

あいち平和映画祭2008のご案内

 「あいち平和映画祭2008」(あいち平和映画祭2008実行委員会主催)が近づいてきましたので、あらためてご案内いたします。年に1度の催しです。振るってご参加下さい。

日時:2008年4月26日(土)10時開場
場所:ウィルあいちホール
上映作品
 「陸に上がった軍艦」10:30〜(95分)
   監督:山本保博 出演:進藤兼人ほか
 「夕凪の街 桜の国」13:00〜(118分)
   監督:佐々部清 主演:田中麗奈、麻生久美子
 「トンマッコルへようこそ」16:30〜(132分)
   監督:パク・クアンヒョン 主演:シン・ハギュン
料金:1日通し券(3作品鑑賞)
     大人:前売2000円(当日2300円)
     高/大学生、65歳以上、障害者:前売1800円(当日2000円)
   1作品券
     大人:前売1000円(当日1200円)
     高/大学生、65歳以上、障害者:900円(当日1000円)
前売鑑賞券は、学内では豊橋、名古屋、車道の各生協店舗で扱っています。

映画の詳しい内容や、鑑賞券の生協以外での取扱所につきましては、あいち平和映画祭2008実行委員会のホームページhttp://2008heiwamovie.web.fc2.com/あるいは本会のホームページの「資料」のページにアップしてあるチラシ(学内で配付したものと同じ)をごらんください。
posted by 「愛大九条の会」事務局 at 18:43| お知らせ